今回は事故での示談すすめ方についてのお話。

お早う御座います。かせだ整骨院です。

①自分の請求内容が正当であることを裏づける証拠として具体的な資料
(交通事故証明書・診断 書・領収書など)をそろえます。

②示談はタイミングよくすることが大切です。
あまり感情的にならずに焦らずに慎重にすすめます。 

その為には、あらかじめ専門家(弁護士など)に相談し
妥協できる最低限の条件を決めてから、

  交渉を行うとスムーズに示談が成立するようです。

③示談が成立したら示談書

(損害保険会社にも備え付けてあります)を作成します。

  示談書の形式は自由ですが、下記の事項は必ず記載します。

●当事者名  ●示談内容  ●交通事故日、場所 
 
●示談書の作成年月日  ●加害車両の登録ナンバー 

 ●賠償の支払い方法  ●交通事故の状況  
●署名、捺印

交通事故でわからない時は、

かせだ整骨院に相談
して下さい。

業務提携弁護士、交通事故の無料相談
交通事故の全ての悩みをワンストップで相談を

対応できます。

 

*和歌山市で交通事故の無料相談受付しています。
LINE@登録して下さい。IDは@jiko55です。

相談はLINE@、TELで対応致します。

TEL 073-460-0638

TEL 090-8367-9317

和歌山市湊紺屋町1-8